根管治療-京橋 宝町 歯医者 予防歯科 歯科検診 女性医

〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目5-15 京橋RKビル1階
TEL03-3528-6518
ヘッダー画像

根管治療

根管治療-京橋 宝町 歯医者 予防歯科 歯科検診 女性医

根管治療とは

根管治療とは

虫歯になると歯が、虫歯菌が糖質を分解することで放出する酸によって溶かされます。進行すると歯の中心部にある歯髄(しずい)にまで到達し、激しい痛みを伴うようになります。歯髄は血管を含む歯の神経で、歯根に通る管状の空洞(根管)を満たし、歯の知覚と栄養供給を司っています。根管治療は、虫歯菌に感染した歯髄や細菌の固まりなどの汚れをきれいに取り除き、痛み・症状を抑えて歯の寿命を伸ばす治療です。強い痛みを伴う虫歯や抜歯を勧められてしまうような重い虫歯でも、ラバーダム防湿下できちんと根管治療が行われれば、ご自身の歯を残したまま歯の機能を取り戻すことができます。

根管はとても細く複雑な構造をしていて、その上、目で見て治療をすることが困難なため、その治療は歯科治療の中で頻度が多い一方で、繊細で難易度の高い治療の一つとされています。

「京橋Uデンタルサロン」では、ハイスペックなCT装置マイクロスコープなどと言った充実した設備と専門的な技術をもって天然の歯を残すための根管治療に力を入れています。虫歯が重度にまで進行し、「抜歯しかない」と言われた方も、ぜひ一度ご相談ください。

動画は膿が出て歯茎が腫れてしまった歯にラバーダム防湿下で再治療を行っている様子です。

こんな症状やお悩みはありませんか?

  • 被せ物をしている歯に痛みがある
  • 過去に治療した虫歯がまた痛みだした
  • 疲れたときに歯ぐきが腫れる
  • 歯ぐきから膿が出てくる
  • 噛むと違和感や痛みを生じる
  • 虫歯が進行してしまったが、インプラントや入れ歯にはしたくない
  • もう歯を抜くしかないと悩んでいる
  • 根管治療が受けられる歯科を探している

根管治療が必要となるケース

根管治療が必要となるケース

根管治療は、歯科治療の中で大きな割合を占める治療であり、虫歯が進んで神経を取り除くケース以外に、下記のような症状にも適応されています。

  • 虫歯が歯髄(神経)に達し、痛みが生じている
  • 外傷や虫歯の放置などによって神経が死んでいる
  • 重度の知覚過敏によって、ひどい痛みが生じている
  • 歯の割れや折れで、神経が露出している
  • 歯根周囲に膿が溜まっている

*根管治療の再治療に当たる場合、治療にかなりの技術と時間がかかると診断した場合は、自由診療で治療をご案内させて頂いております。ご理解賜りたく宜しくお願いいたします。

根管治療の流れ

 

1

「京橋Uデンタルサロン」では必ず、ラバーダム(ゴムのマスク)で口の中と患歯(治療する歯)を隔離し、唾液や口腔内細菌による細菌感染を防ぎます。

ラバーダム防湿法

の特徴は以下のものとなります。

  1. 無菌化の向上
  2. 器具の落下防止
  3. 治療精度の向上

など

2

切削器具を用いて虫歯や被せ物を除去

まず、歯を削る器具(切削器具)を使って虫歯や被せ物を除去し、汚染された根管内の歯髄を露出させ、処置をしやすくします。このとき、神経が残っている状態であれば麻酔は不可欠となります。再治療の歯であれば、詰め物や土台もすべて取り外します。

3

手用器具を用いて感染歯髄を除去

次に歯髄を取り除いていきます。再治療の場合は根管内に詰めた薬剤、根尖部に溜まった膿を取り除きます。根管は非常に治療領域が細かく、構造が複雑なため、ダイヤモンド超音波ファイルNi-Tiファイルという針のような専門器具を用いて、取り残しがないように徹底的に除去します。

治療時は必ず

マイクロスコープ

を用いて、行います。続いて空洞になった根管を拡大しながら、根管内の汚染物質を取り除いていきます。根管は一本の歯に対して複数本あり、前歯では1~2本、奥歯では3~4本に分岐しています。分岐した根管をそれぞれ拡大していく必要があります。また、「京橋Uデンタルサロン」では治療経過のマイクロスコープ動画を全て録画をおこなっており、きちんと説明を行います。

4

薬液による根管内の洗浄・消毒

汚染された歯髄などを器具で除去した後、細菌やウィルスに対して瞬時に優れた除菌効果を示すことが検証されているEO水(次亜塩素酸水)によって化学的に洗浄します。また、必要に応じて、空洞になった根管内に消毒薬を入れて仮の蓋をし、時間を置いて消毒します。この工程を症状がおさまるまで何度か行います。

5

根管充填

根管がきれいに清掃、消毒され、症状の改善が認められれば、充填剤を緊密に詰める根管充填(こんかんじゅうてん)を行います。ガッタパーチャと呼ばれるゴム状の樹脂やMTAセメントで根管内をしっかりと無菌状態で封鎖し、細菌が再び侵入しないようにします。

6

支台築造

抜髄や感染根管治療で神経を抜いた歯は、経年的に歯質が弱くなり、破折が起こりやすくなります。そのため、歯を適切な形を整え、型取りを行い、金属や樹脂を用いて補強する支台築造を行います。その土台に被せ物を付け、歯の形態及び機能を回復させて根管治療は終了です。

根管治療の期間

根管治療の期間

根管治療はその対象歯によって、根管数や形態も様々で大変複雑です。抜髄の場合は比較的短期間で終了しますが、感染根管治療では根管内が細菌によって非常に感染しているため清潔にするのに時間がかかります。そのため、数回にわたって治療を行う必要があります。虫歯の位置や治療の進み具合によって異なりますが、多ければ5~6回に及ぶこともあります。「京橋Uデンタルサロン」でおこなうすべての治療はマイクロスコープを用いて行い、録画をしております。治療経過についても適宜ご説明させて頂いております。また、その症状によっては、根管治療専門医をご紹介させていただくこともあります。

当院の根管治療の特長

「京橋Uデンタルサロン」では、

マイクロスコープ
歯科用CT
ラバーダム防湿
ニッケルチタンファイル
MTAセメント
超音波治療器

など、現在、根管治療に有用とされている設備(材料)や技術を積極的に導入し、より精密な根管治療を行っています。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

根管治療で重要なのは精密性です。縫い針程度の太さしかない根管内を掃除する治療であり、細かい処置の連続でミクロン単位の正確さが求められます。歯を削り過ぎると、歯の根が折れてしまったり、穴が空いてしまうリスクが高くなりますし、洗浄や消毒が不完全であると、細菌感染の再発リスクが高まります。これまで根管内部の治療は、歯科医師の「経験」や「勘」を頼りに手探りで行っていましたが、拡大鏡やマイクロスコープの登場により、小さなものを大きく拡大して、1つ1つの繊細な処置を目で見て確実にできるようになりました。従来と比較すると、圧倒的に精密で質の高い治療を行うことができます。
当院では視野を20倍にまで拡大できる「マイクロスコープ」を導入し、より精密で確実な根管治療をめざしています。また、その治療映像を録画することで患者様に経過をご説明することを常としております。

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTは3次元の立体画像で歯のレントゲンを撮ることができる装置です。根管は複雑な形状であるうえ、歯によっては数本に分岐しています。根管の清掃・消毒を確実に行うためには、まず根管の構造や病巣の位置・大きさを正確に把握することが重要となります。その診断に役立つのが高性能歯科用CTです。平面のレントゲン画像では確認できない細部も、歯科用CTの立体画像なら詳細に把握できるため、より一層精密な診査診断、治療が可能になります。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

根管治療を行うと根管内の神経組織や血流がなくなり、歯の免疫力が全くない状態になります。そのような歯の根管に、口の中の細菌が入り込むと増殖し、病気が再発したり、難治性になったりします。ラバーダム防湿は、薄いゴム製シートで治療する歯以外を覆い、唾液中の細菌が根管内に侵入することを防ぐ、非常に重要な処置です。薬剤や治療器具の誤嚥防止、舌や頬粘膜のけがの防止、防湿による詰め物の接着強度の向上という効果もあり、治療には必須です。これにより、根管治療の成功率を飛躍的に高めることができます。保険治療・自由診療治療にかかわらず必ずさせていただいております。

ニッケルチタンファイル・超音波スクウェアファイル・超音波ダイヤモンドファイル

ニッケルチタンファイル・超音波スクウェアファイル・超音波ダイヤモンドファイル

根管治療では、歯髄を除去するためにファイルと呼ばれる器具を使用します。このファイルには、一般に用いられるステンレスファイルと、ニッケルチタンファイルがあります。曲がりくねっている根管を掃除する際、ステンレスファイルでは硬すぎるために深部に入っていかずに、根管を傷つけてしまうことがありますが、ニッケルチタンファイルは超弾性の性質を持ち、根管に追従する形成を行うことができます。除去しきれない部分は超音波スクウェアファイル仕上げを行います。もちろん、超音波による洗浄効果を併用した化学的洗浄も行うことで、効率の良い根管形成・洗浄が可能となります。

MTAセメント

MTAセメント

根管治療の最後の仕上げに根管充填があります。歯髄を抜き取った根管内を緊密に塞ぐ処置ですが、隙間なく塞ぐことができなければ、数年後、これが原因となり再び細菌感染を起こしてしまうことがあります。一般的な根管治療ではガッタパーチャという酸化亜鉛を多く含むゴム状の樹脂で隙間を塞ぎますが、根管内に穿孔(穴)や根先端部の破壊などが見られるケースではガッタパーチャでは治療が難しく、そこから感染して周囲の骨の吸収や歯ぐきの腫れや痛みを引き起こしてしまうことがあります。ガッタパーチャと比較し格段に辺縁封鎖性に優れたMTAセメントであれば、このようなケースでも細菌の侵入を防ぐことが可能です。生体親和性が良く、高い殺菌作用や歯の組織を再生させる効果(再石灰化促進作用)を有しているため治療後の経過が良好になります。

料金表

*根管治療の再治療においては、治療にかなりの技術と時間がかかると診断した場合、自由診療でご案内させて頂いております。ご理解賜りたく宜しくお願いいたします。

ページTOPへ戻る